パッチワーク人生

名刺を出して挨拶をする。場の空気をあっためるために、色々な話をするかと思うのだけれど、そんなとき、わたしはけっこう得しているなと思うことが多い。自己紹介で話すような内容にインパクトがあって、しかも経歴が一貫していなさすぎるからだ。

まず、名前。ライターという職業をしていると、筆名を決めることもできるから、「本名ですか?」と聞かれることが多い。「ののか」という名前は父が付けた。ドラマ「裸の大将」の主題歌、「野に咲く花のように」から「野の花」→「ののか」と転じたわたしの名前。もう死んでしまった占い師のおじいちゃんも「そんな名前つけたら大変なことになるぞ」と言ったそうだが、案の定、大変な子に育ってしまった。大して悪いとも思ってないけど、ごめんね。長女は会社で立派に勤め上げ、結婚して子ども産んで、みたいな真っ当な人生は送れなさそうです。

次に、出身地。「北海道」というと、おおかたウケが良い。年配の方には「のびのび育ったんだろうねぇ」と目を細められ、北海道というだけでかわいがってもらえることもしばしばある。それから、「実家は牛を飼っているの?それともジャガイモ?」みたいなことも言われる。そこは期待を裏切って大変申し訳ないが、我が家は事務機器を売る自営業をやっています。ちなみに事務所は庭に置いたプレハブです。

そして、出身大学に関しても驚かれる。見るからにパッパラパーであからさまに頭が悪そうに見えるらしいし、少し前まで家が無いから泊めてくれと言っては、人様の家をフラフラして適当なところで寝たり、酔っぱらって居合わせた人と肩を組んで踊ったりするような人間なので、出身が筑波大学ですというとひっくり返られる。わたしの出身大学を知った相手方はけっこうショックを受けているようで何となく申し訳なくなり、「まぁ、推薦ですけどね」というエクスキューズをつけると、「ほら見ろ」と言わんばかりのドヤ顔をする殿方も多いが、部活が終わってからの時期の勉強は毎日14時間くらいしていましたからね。それだけ勉強しても尚、数ⅠAで30点もとれないわたしはご察しの通り、大バカものなんですけど。

そして、前職である。知っている人も多いかと思うが、わたしはカバン屋で働いていた。カバン屋というと、「職人さんですか?」とか「デザイナーさんですか?」と、聞かれてニヤニヤしてしまうのだが、わたしがやっていたのは営業。わかりやすく言えば、BtoBで、百貨店をはじめとした小売店さんにカバンを売るルートセールスだ。自分の勤めていた会社なので、あまり大きなことは言いたくないが、けっこう有名なブランドだったし、ひいき目なしによく買っていただいていたと思う。間違いなく、安定した未来が約束されていた。でも、合わなくて、1年で辞めた。会社の人が悪いとかそういうことではないし、詳しくはどこかで書くけれど、「ひとりで黙々とPOPのトンボを切るのが一番楽しかった」と言うと、少し察していただけるかと思う。

そのほかにも、フランスのボルドーに1年間留学していてフランス語が話せるとか、3歳から英会話を習っていたとか、編集者の先生の元で2年ほどインターンさせてもらっていたとか、松任谷由美の5・7・5で入選したことがあるとか、何かと話せることはあるけれど、話せば話すほど、「経歴ぐちゃぐちゃだけど、どうして君、今ここでライターなんてしているの?」というところに行きつくのだが、でも、そんなことは置いておいて、名刺を渡して3分話す間に、興味を持っていただけることが多いのはものすごくありがたいし、絶対的に得している。

何かを一貫してやってきたという人にはコンプレックスを抱きまくっているけれど、いろんな要素を散りばめて生きる矛盾だらけのパッチワーク人生も悪くないなと思っている今日この頃です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中