“Ms.Communication”を終えて

2月13日に初めてのパフォーマンスであります、“Ms.Commucation”を終えました。このパフォーマンスの表題、“Ms.Commucation”は大好きな作家であります、川上未映子さんの『ミス・アイスサンドイッチ』から、内容は、チェコの映像作家、シュヴァンク・マイエルの『対話の可能性』からヒントを得た部分はありますが、元々は私の抱えてきた問題意識によるものです。

私は兼ねてよりコミュニケーションが苦手でした。というより、現在進行形で苦手です。仕事柄いろいろな方に会う機会があり、よく社交的だとかときどきは図太いなどとも言ってもらうこともありますが、これは間違いなく、わたしが努力で補っている部分、毎朝、錆びついた鉄にメッキを塗って塗ってして、ようやく人様の前に出られるようにしている部分です。なので、たまにチューニングが狂ったときは大変。言いたいことが言葉にできずに、ひたすら目を白黒させて不審な挙動を見せるわたしがいます。

当日も、近年まれに見るコンディションの悪さで世の中にチューニングすることができず、“Ms.Commucation”を演じるには最高の日となりました。

パフォーマンス中は“Ms.Communication”が完全に乗り移り、(あるいは内側から湧いてきた、というほうが正しいかもしれません)自分としては想定していたパフォーマンスが披露できたと思っています。

結局、お客さんは2名でしたが、感想を聞いてみたところ、「戸惑った」「胸が痛んだ」「狂気じみていた」「宗教のようだった」という答えが返ってきたので、わたしの伝えたかったことは大方伝えられていたようです。

緊張したのはもちろんですが、今回のパフォーマンスが終わった後はエネルギーを完全に使い果たしてしまったような感じで、できて月1回だなという印象です。

そして、今回の機会はすごく良かったと思う一方で、絶対に開けまいとして押さえつけていたパンドラの箱を開けてしまったような気持ちでいます。坂を転げ落ちるベビーカーのように、もう誰も、わたしでさえも、止めることができないのだなと、はっきり自覚した次第です。

機会をくれて、幾度にも渡るステートメントへのフィードバックに付きあってくれた「Barはな」の奥平さん、来てくれた2名のお客さん、本当にありがとうございました!

――いつか100万人の琴線、ぶっちぎる。

佐々木ののか

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中